Pinterest • The world’s catalogue of ideas

Explore President Barack, Barack Obama and more!

「では、安倍首相はいつ(日本が攻撃した)真珠湾に行くんだ」「極端な話をすれば、南京や韓国には行くのか] 一つは、戦争はアジア諸国を解放するためにやったと言う語り方。欧米の国がどんどん強くなり、そうした帝国主義的な動きから日本を守るためにやったという理屈です。 二つ目は、軍部が勝手に暴走して、日本国民は無謀な戦いに巻き込まれたのだという考え。 三つ目は、あえて主語を曖昧にして、「戦争そのものが悪かった、間違っていた、もう二度としない」と言う語り方です。 どれも違う立場の人たちがよく口にする言葉ですが、「受け身」である「私たちは被害者です」という出発点からの語り口になってしまいます。

Opinion: podium boys are no better than podium girls - by Anne-Marije Rook - March 30, 2016........How about podium old geezers. I'll volunteer.

米特許取得、IBMが24年連続で1位--キヤノン3位、ソニー10位

米特許取得、IBMが24年連続で1位--キヤノン3位、ソニー10位 - CNET Japan

弁護士の倉重公太朗です。非正規雇用にある人たちが「貧困」に陥りやすい原因は、正社員という制度にある… メンバーシップ型雇用の特徴は、終身雇用、無限定な仕事、広い職種転換、人事ローテーション、全国転勤、長時間労働など、いわば「昭和的働き方」といえるものです。 今までのような「身分制」ではなく、むしろ能力やスキル、経験、職歴などにより、公正に評価する方向が公平だと考えます。 具体的には、正社員の雇用調整をする際に十分な補償金や再就職支援措置、キャリアコンサルティングなどを行うと共に、失業保険や実務に即した職業訓練などの公的給付の拡充により、この保護は十分に図れるでしょう。 また、企業が雇用調整の際に支払う補償金について、たとえば「給料の10カ月分」と高額にすれば、経済合理性の観点から安易な解雇はむしろ避けられるようになると考えられます。

「同一労働同一賃金」は、一体何を変えるのか | 「日本型雇用」の現実と未来 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 年功序列に否定的なメッセージ 会社側に処遇差の説明責任が生じる? 待遇差が生じる「合理的な理由」の説明を会社が容易にするためには、職務を明確に分けていくことが重要になると思われる。しかし、特定の業種や多くの中小企業では、あらゆる業務が混然一体となって進められていることも多いため、職務分離がスムーズに運用できるかといえば難しいだろう。

会社の「辞めどき」は15のポイントで判断せよ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 働かない社長、上司の下で働き続けること ・社長の私的欲望に付き合うこと ・礼儀を欠く人と働くこと ・気の合わない人と働くこと ・社長の取り巻きがYESマンで固められている職場で働くこと ・罵声を浴びせられる職場で働くこと ・言論統制される職場で働くこと ・顧客をだまさなくてはいけない職場で働くこと ・無謀すぎる目標達成のために頑張ること ・1日5時間以上の残業を続けること ・やる気があるようなフリをし続けること ・好きになれない商品を売り歩くこと ・家族が大変なときに、仕事を優先してしまうこと ・責任の小さい仕事をすること ・不条理な顧客を相手にすること

イーロン・マスクが語るAIとヒトが高レベルで共存する「未来の作り方」 - GIGAZINE 何らかの「見積もり」が必要でしょう。これから造りだそうとしているものがその時点の最新の技術と比較して「どの程度優れているのか」のを示す差分と、それによって影響を受ける人の数をかけ算することで、影響の度合いを見積もることができます。そのため、例えば技術が極めて優れていて、一方で影響を受ける人の数が少なくても、これは素晴らしいものといえます。逆に、技術そのものは大したことがなくても、影響を受ける人が極めて多い場合でも、同じことがいえます。これはいわゆる「曲線下の面積(AUC:Area Under the Curve)」と呼ばれているもので、いかに役立つのかを考える上で重要なものです。 「私が思いつく有効な代替案のうち最良のものは、『AIテクノロジーの民主化』だと思います。

入居したら5日以内にFacebookでフレンド追加をしなければならないアパートがある - GIGAZINE

仲間外れ・無視…日本のいじめ「暴力以外」顕著 日本と同様に暴力犯罪が少ない国とされるスウェーデンとの比較により、いじめの社会的背景を考えた。両国とも小学6年~中学1年と中学2~3年の児童生徒を対象に2013年から15年にかけて、半年に1回ずつ計3回調査。その結果、「仲間外れ、無視、陰口」の被害に遭った経験率は、各学年、男女ともスウェーデンの20%前後に対し、日本は40%前後と高かった。