Pinterest • The world’s catalogue of ideas

Explore these ideas and much more!

愛犬との湘南ライフ非日常性を求めて暮らしを楽しみ尽くす

バスルーム前の脱衣場からは直接テラスに出られる。お風呂あがりに喉を潤すために、グラスを常備。

組み合わせの妙を楽しみながら中古家具で、オリジナルで、空間をカスタマイズ

“開かれた家”を目指しておいしい記憶をつくり、地域に寄り添う。

古材が似合う筒状の空間 “味のあるもの”で 馴染んだ空間に

北側から住宅のファサードを見る。南側にある窓を開けると、右にある玄関から廊下を通して裏の空間まで視線が抜けていく。

古材が似合う筒状の空間 “味のあるもの”で 馴染んだ空間に

2階のLDKスペースを南側から見る。奥がキッチンスペース。ご主人の嘉高さんはグラフィックデザイナーで、最近では徳永英明や武井咲などのCDジャケットをてがける。奥さんの美智子さんはファッション系のスタイリストだ。一人息子の凛翔くんは6歳で来年小学校に上がる。

組み合わせの妙を楽しみながら中古家具で、オリジナルで、空間をカスタマイズ

「外に木があって、この窓から見える景色は気持ちいい」と奥さんが語るダイニングの小ぶりの窓。

ものづくりへの思いを結集 光と風と緑。 自然を感じる邸宅

ものづくりを楽しむアトリエ。大きな開口部から明るい光が差し込む。

“開かれた家”を目指しておいしい記憶をつくり、地域に寄り添う。

2階キッチンからリビングを見る。換気扇フードは「ごつい感じのもののほうが尾崎さん家ぽい」(建築家)と、実際の排気量からするとかなり大きめのつくり。こだわって決めたテレビの後ろの壁色はポーターズペイント社のSILT インテルノライムウォッシュ。

理想をカタチにするアメリカの古材を使った、CAPE COD STYLEの家。

フリーランスの編集者である雅子さんの仕事&趣味の部屋。趣味の手芸作品が壁に飾られている。