Explore Beams, Lights and more!

重く冷たい…漆黒の闇が、森を呑み込もうとする、その刹那…聖なる領域に、その美しくもたおやかな一輪は…花開きます…決して、息絶えることなく…美しい愛と平和に満ちた…命は循環します…永遠に…

重く冷たい…漆黒の闇が、森を呑み込もうとする、その刹那…聖なる領域に、その美しくもたおやかな一輪は…花開きます…決して、息絶えることなく…美しい愛と平和に満ちた…命は循環します…永遠に…

幾千、幾万の悠久の…美しい森の記憶を、ジキムは歌います…時に天高く…水底深く響き渡る…その優しくも雄大な…力強い歌声に…ただ…ただ寄り添い、委ねれば…私達もまた、キラキラ瞳を輝かせ…笑い…駆けずりまわっていた、あの頃の記憶を呼び覚まします……そう、なんの理屈も理由も意味をなさない、あの頃…そのキラリ輝く想いを取り戻した…今、その瞬間…私達の目の前に、広がる景色は……

幾千、幾万の悠久の…美しい森の記憶を、ジキムは歌います…時に天高く…水底深く響き渡る…その優しくも雄大な…力強い歌声に…ただ…ただ寄り添い、委ねれば…私達もまた、キラキラ瞳を輝かせ…笑い…駆けずりまわっていた、あの頃の記憶を呼び覚まします……そう、なんの理屈も理由も意味をなさない、あの頃…そのキラリ輝く想いを取り戻した…今、その瞬間…私達の目の前に、広がる景色は……

森の地図☆目には見えないものを示した地図……それはいつも、僕らをそっと森へ連れ出します。

森の地図☆目には見えないものを示した地図……それはいつも、僕らをそっと森へ連れ出します。

ナヴィ…赤く小さな鳥です。未来を見通しているので、捕まえることは出来ません。その鳴き声で、未来を予言します。美しい森に…鈴が転がるような…ナヴィの歌声響きます…その音色に応えるように…ネロリの白い花々が…可憐に…笑うように…咲きこぼれます…ネロリの丘から…優しく…甘い香りが…森いっぱいに拡がります…安らかな眠りが…ふわり…草木や虫、生き物たちを…静かに…そっと…包みます…その夢ユメの…通い路…ナヴィは歌います…やがてこの森に始まる…愛しく…温かな…恋の詩を…

ナヴィ…赤く小さな鳥です。未来を見通しているので、捕まえることは出来ません。その鳴き声で、未来を予言します。美しい森に…鈴が転がるような…ナヴィの歌声響きます…その音色に応えるように…ネロリの白い花々が…可憐に…笑うように…咲きこぼれます…ネロリの丘から…優しく…甘い香りが…森いっぱいに拡がります…安らかな眠りが…ふわり…草木や虫、生き物たちを…静かに…そっと…包みます…その夢ユメの…通い路…ナヴィは歌います…やがてこの森に始まる…愛しく…温かな…恋の詩を…

僕らの好きな場所☆ふと怖いこともあります……けれど、そこはいつも美しく、僕らは森に恋しているのです。

僕らの好きな場所☆ふと怖いこともあります……けれど、そこはいつも美しく、僕らは森に恋しているのです。

森の入口☆夢の中でその入口を見つければ、あとは静かに、そっと足を踏み入れるだけです。

森の入口☆夢の中でその入口を見つければ、あとは静かに、そっと足を踏み入れるだけです。

アシュリの飛ぶ夜☆夜空に花々を乗せた風が流れ行きます……森の新しい季節、僕らの知らない夜のことです。

アシュリの飛ぶ夜☆夜空に花々を乗せた風が流れ行きます……森の新しい季節、僕らの知らない夜のことです。

ハナロアの小道☆森を行くと美しい鹿に出逢いました……不思議な道を登り、僕らは誰も知らない場所へと向かいました。

ハナロアの小道☆森を行くと美しい鹿に出逢いました……不思議な道を登り、僕らは誰も知らない場所へと向かいました。

雲の湧く森☆遠い昔、雲に乗りたいと想ったことは、ありませんか?

雲の湧く森☆遠い昔、雲に乗りたいと想ったことは、ありませんか?

Flowers☆幾千の花々が降り注ぎ、森に柔らかな香りが溢れました……僕らは瞳を閉じ、静かに心を開きます。

Flowers☆幾千の花々が降り注ぎ、森に柔らかな香りが溢れました……僕らは瞳を閉じ、静かに心を開きます。

Pinterest
Search