Explore Ayurvedic Herbs, Natural Healing and more!

抗酸化、抗炎症、免疫システムの調整、神経炎、抗ストレスの分野に効果があると言われ、特にストレスを和らげ、免疫力を高める為、不安症、不眠症、うつ病への効果も期待され、抗炎症と言う事で関節炎やリューマチなどにも取り入れられている。 #アシュワガンダ#ハーブ#インド人参

抗酸化、抗炎症、免疫システムの調整、神経炎、抗ストレスの分野に効果があると言われ、特にストレスを和らげ、免疫力を高める為、不安症、不眠症、うつ病への効果も期待され、抗炎症と言う事で関節炎やリューマチなどにも取り入れられている。 #アシュワガンダ#ハーブ#インド人参

#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

ふき【Butterbur】 古代ギリシャ人は喘息の治療に使っていました。根や葉のエキスは咳、気管支炎、尿道の炎症や寄生虫の駆除などに効果があり、葉の湿布剤は関節炎、腫れ、発疹などに適用しています。抗ヒスタミン薬の副作用なしに季節性アレルギー、偏頭痛、関節の痛み、炎症の緩和が期待出来るハーブです。#アロマ、#精油、#エッセンシャルオイル、#アロマレシピ、#アロマテラピー、#ハーブ、#ガーデニング もっと詳しく→ shizenryouhou.com/wp/

ふき【Butterbur】 古代ギリシャ人は喘息の治療に使っていました。根や葉のエキスは咳、気管支炎、尿道の炎症や寄生虫の駆除などに効果があり、葉の湿布剤は関節炎、腫れ、発疹などに適用しています。抗ヒスタミン薬の副作用なしに季節性アレルギー、偏頭痛、関節の痛み、炎症の緩和が期待出来るハーブです。#アロマ、#精油、#エッセンシャルオイル、#アロマレシピ、#アロマテラピー、#ハーブ、#ガーデニング もっと詳しく→ shizenryouhou.com/wp/

オートの葉に多く含まれるクロロフィルや酵素には、コレステロールや血糖値を正常にする働きがあり、また、動脈硬化や心臓病、糖尿病など生活習慣病の予防にも効果があります。カルシウムやビタミン、ミネラルが神経を鎮めイライラやストレスを軽減し、健康に不可欠な栄養素も多く含んでいるので、滋養強壮にも効果的です。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

オートの葉に多く含まれるクロロフィルや酵素には、コレステロールや血糖値を正常にする働きがあり、また、動脈硬化や心臓病、糖尿病など生活習慣病の予防にも効果があります。カルシウムやビタミン、ミネラルが神経を鎮めイライラやストレスを軽減し、健康に不可欠な栄養素も多く含んでいるので、滋養強壮にも効果的です。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

アレルギー、利尿作用、関節炎、前立腺肥大症など、とても有益なハーブですが、敏感に反応する人もいて、使用には注意が必要です。ミネラルやビタミンを豊富に含み、野菜としてもスープや炒め物に、また、乾燥した葉はお茶としても美味しく頂けます。#自然療法#健康#ヘルス#医療#ナチュロパシー

アレルギー、利尿作用、関節炎、前立腺肥大症など、とても有益なハーブですが、敏感に反応する人もいて、使用には注意が必要です。ミネラルやビタミンを豊富に含み、野菜としてもスープや炒め物に、また、乾燥した葉はお茶としても美味しく頂けます。#自然療法#健康#ヘルス#医療#ナチュロパシー

漢方では五味子(ごみし)と呼ばれるチョウセンゴミシは万能薬の意味で使われるアダプトゲンハーブの1つとして免疫機能の強化、抗ストレス、滋養強壮、抗酸化作用、ホルモンバランスを整える他に、肝機能を強化するハーブとしても昔から広く使われてきました。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

漢方では五味子(ごみし)と呼ばれるチョウセンゴミシは万能薬の意味で使われるアダプトゲンハーブの1つとして免疫機能の強化、抗ストレス、滋養強壮、抗酸化作用、ホルモンバランスを整える他に、肝機能を強化するハーブとしても昔から広く使われてきました。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

樹皮の粘液質成分から作った軟膏は火傷や切り傷、皮膚の潰瘍などに有効で、口や喉、胃、および腸の炎症を癒す効果と臓器、リンパ腺、神経系などに蓄積された毒素を分解し排出する働きがあり米国食品医薬品局(FDA)にも承認されているアメリカでは定番のハーブです。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

樹皮の粘液質成分から作った軟膏は火傷や切り傷、皮膚の潰瘍などに有効で、口や喉、胃、および腸の炎症を癒す効果と臓器、リンパ腺、神経系などに蓄積された毒素を分解し排出する働きがあり米国食品医薬品局(FDA)にも承認されているアメリカでは定番のハーブです。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

イエロードッグはお通じの促進や腸の調子を整えるための薬草として長い歴史の中で使われてきました。香味野菜として食事に取り入れられていたこともあります。タデ科のギシギシ属のハーブで、葉を直接肌に付けることで、肌荒れやかゆみ、そして腫れを抑える効果も期待できます。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

イエロードッグはお通じの促進や腸の調子を整えるための薬草として長い歴史の中で使われてきました。香味野菜として食事に取り入れられていたこともあります。タデ科のギシギシ属のハーブで、葉を直接肌に付けることで、肌荒れやかゆみ、そして腫れを抑える効果も期待できます。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

ガムやお菓子の味付けでお馴染みですが、ハーブとしての歴史も古く、その効果や効能は胃腸の障害、喉の痛みや咳の緩和、痛みや炎症の軽減など多種に渡ります。アロマとして使えば精神のリフレッシュにも。使い方いろいろの万能バーブです。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

ガムやお菓子の味付けでお馴染みですが、ハーブとしての歴史も古く、その効果や効能は胃腸の障害、喉の痛みや咳の緩和、痛みや炎症の軽減など多種に渡ります。アロマとして使えば精神のリフレッシュにも。使い方いろいろの万能バーブです。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

日本名をセイヨウトチノキといい古くから静脈瘤、痔、神経の痛み、および血行不良の治療に利用されてきた人気のハーブです。種子に含まれるアエスシンという成分は血管壁の強化、血栓症の予防、拡張蛇行静脈や痔の予防に効果がある事は研究でも認められています。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

日本名をセイヨウトチノキといい古くから静脈瘤、痔、神経の痛み、および血行不良の治療に利用されてきた人気のハーブです。種子に含まれるアエスシンという成分は血管壁の強化、血栓症の予防、拡張蛇行静脈や痔の予防に効果がある事は研究でも認められています。#エッセンシャルオイル#アロマレシピ#アロマテラピー#ハーブ#ガーデニング

Pinterest
Search