Explore Museum Of Modern Art, Japanese Art and more!

Explore related topics

古賀春江 (1895-1933) 《素朴な月夜》 1929年 油彩・カンヴァス 116.5×91.0cm テーブルの上に家が建っていても、夜と昼が同時に存在しても不思議ではない世界を古賀は描こうとしたのでしょうか。ここには時間と空間に対する古賀ならではの感覚が表現されているようです。古賀自身が書いた同じタイトルの詩の中にある「妙な所」という言葉こそ、この絵を表現するにふさわしい言葉です。

古賀春江 (1895-1933) 《素朴な月夜》 1929年 油彩・カンヴァス 116.5×91.0cm テーブルの上に家が建っていても、夜と昼が同時に存在しても不思議ではない世界を古賀は描こうとしたのでしょうか。ここには時間と空間に対する古賀ならではの感覚が表現されているようです。古賀自身が書いた同じタイトルの詩の中にある「妙な所」という言葉こそ、この絵を表現するにふさわしい言葉です。

古賀春江『海』(1929年)

古賀春江『海』(1929年)

Koga Harue, Exterior Make-up, 1929

Koga Harue, Exterior Make-up, 1929

古賀春江《鳥籠》1929(昭和4)年 油彩・キャンバス 111.2×145.0cm 石橋財団 石橋美術館

古賀春江《鳥籠》1929(昭和4)年 油彩・キャンバス 111.2×145.0cm 石橋財団 石橋美術館

Pinterest
Search